クロレラ配合率によって名前が変わるクロレラ食品

クロレラ配合率によって名前が変わるクロレラ食品

「クロレラ食品」と呼ばれるものがあります。
その名の通りクロレラが含まれた食品ということですが、その配合率によって、呼び方が少し異なるようです。

 

クロレラを配合した食品の総称は「クロレラ食品」と呼ばれていて、例えばクロレラ青汁やクロレララーメンなどがあります。

 

しかし実は、その食品にクロレラの量をどれくらい使っているかによって、呼び方が若干変わるのです。どういうことかご説明していきましょう。

 

95%以上クロレラ配合していれれば「クロレラ食品」

 

健康食品の規格や基準を決定しているのは、「日本健康・栄養食品協会」というところです。この協会が定めた基準によると、クロレラを95%以上含んだ食品のみを「クロレラ食品」と謳っていいようです。
つまり「クロレラ食品」と呼ばれている、あるいは明記されていれば、95%以上ものクロレラが含まれているという事ですね。

 

クロレラの栄養をたっぷりとりこみたければ、95%以上配合のクロレラ食品を選ぶのがおすすめです。

 

50〜95%の場合は「クロレラ加工食品」、30〜50%は「クロレラ加工複合食品」

 

クロレラの量が50〜95%の場合は、「クロレラ加工食品」となり、30〜50%の場合は「クロレラ加工複合食品」です。

 

自分の目的によって使い分ける

 

それではクロレラはどれくらい食品に含まれているのが理想的なのかというと、あなたが食品をおいしく楽しみたいか、あくまでクロレラ摂取を優先にするかによって変わってきます。

 

クロレラは若干癖のある独特な味がします。だからもしも美味しく楽しみたいのであれば、クロレラの配合量が少なめのクロレラ加工複合食品あるいはクロレラ加工食品を選んでみるといいでしょう。

 

いやいや、味関係なくクロレラをたっぷり摂りたいんだという人は、95%以上という高配合のクロレラ食品をチョイスしてみてくださいね。